桐谷美玲クンの『ヒロイン失格』 実写映画ダントツの興収確実に




桐谷美玲クン主演の映画『ヒロイン失格』(英勉監督)が、本年度に公開された実写映画でトップの興行収入を記録しているそうです。



11月1日現在で、動員199万人、興行収入23億3000万円と、その破壊力はかなりのもの・・・。
本年度上半期邦画興行収入ランキング8位の『ストロボ・エッジ』(3月14日公開)の記録をわずか1ヶ月で塗り替えたそうです。

現在も変わらず268館で上映中、動員200万人突破も間近に迫り、配給のワーナー・ブラザース映画は「今後も引き続きの上乗せが期待できそうです」とコメントしている。
























カテゴリー芸能ニュース

コメントを残す


Pick up contents