有村架純クン22歳 連ドラ初主演で「とにかく必死でした」




有村架純クン22歳が、初の主演となるWOWOWの連続ドラマ
「連続ドラマW 海に降る」
の完成披露試写会に出席して、撮影秘話を語る一幕がありました。



このドラマは、海洋科学に関する研究機関「JAMSTEC」を舞台にしたもので、有村は有人潜水調査船「しんかい6500」の女性パイロット役を演じる。
意外にも、今回が連ドラ初主演だそうです。

「必死でやるだけだったので、主演っぽいことはできなかったけど、いい作品にしようと最後まで一生懸命やった」と話してましたよ。




























カテゴリー芸能ニュース

この記事を見た人はこちらもチェック!

コメントを残す


Pick up contents