15万票のファンはいずこへ?指原莉乃主演映画「薔薇色のブー子」が大コケ


sashihara

いよいよ目前に迫った第6回AKB48選抜総選挙で史上初の連覇が期待されるHKT48の指原莉乃クンが主演を務めた映画「薔薇色のブー子」が予想以上の大コケだそうで・・・

映画の興行成績を集積するサイト「Box Office Mojo」によると初週の興収ランキングベスト18に薔薇色のブー子は入っていないのですが18位の「ラスト・ベガス」が興行収入約690万円を記録しているので必然的にそれ以下の数字って事ですよね?

映画のチケット代を多目に見積もって1800円で計算しても690万円÷1800円=3883人しか観ていないって事ですか・・・

前回総選挙では15万票以上獲得した国民的アイドルグループのセンターとしてはあまりにも寂し過ぎる数字・・・

まあCDは一人が何枚も買えますが映画はそう何度も観られないって考えたら指原人気の現実はこんなモノってところなんですかね?


コメントを残す


Pick up contents