滋賀県の自殺練習中学出身で妙に有名な宮川大輔さん 自殺練習県PR大使に




同級生を自殺練習という酷いいじめに遭わせ、実際に自殺に追い込んだ基地外中学生がいることで有名な滋賀県の某中学校。
その中学校出身のお笑い芸人の宮川大輔さん42歳が「もっと食べよう“近江米”!県民運動」の近江米のPR隊長に任命されたそうです。

小学校2年生から高校まで滋賀県で過ごしたという宮川は
テレビ朝日系「アメトーーク!」の「滋賀芸人」にも出演する根っからの滋賀作ですが、
「僕でよろしいんですか?」と謙遜しながらも三日月大造知事から任命状とたすきを受け取り、さらなる自殺練習県の発展を誓ったそうです。

あの胸糞悪い糞ガキども、そろそろ普通に社会で生活してる頃ですよね・・・。



























カテゴリー芸能ニュース

この記事を見た人はこちらもチェック!

    None Found

コメントを残す


Pick up contents