【俺得】貧乳タレント時代到来 巨乳はオワコンへ




長いこと巨乳は魅力的な女性を表すシンボルであるという思い込みと誤解が広がってきたが、どうやらその巨乳信仰の宗教が終わろうとしているようです。

女目線では、おっぱいが大きい事こそ理想的なスタイルの重要な条件のひとつだと思ってるようだが、実際世の中の男性はどう思っているのか。
確実に、小さなおっぱいを支持する声が最近急増してきているそうです。

ネット上には、”ちっぱい”専用のまとめ系サイトなどが目立つようになり、
中を覗くと「清楚さを感じる」「控えめで淑やか」「守ってあげたくなる」「コンプレックスに感じていることをフォローしてあげたい」などのコメントが寄せられている。

そんな世の中のトレンドを反映してか、芸能界でもA~Bカップのタレントが注目を集めている。

女優の比嘉愛未(ひが・まなみ/28)は、写真集だけでなくスレンダーな競泳水着姿を公開しているが、そのおっぱいはわずかにBカップ。
NHK朝の連続テレビ小説『まれ』に出演中の清水富美加(しみず・ふみか/20)も、特徴的な微乳の持ち主。
これまでにもグラビアなどで推定Aカップのビキニ姿を多数披露している彼女は、その小さな胸こそ魅力と、世の男性陣の熱い支持を受けている。

どうやら巨乳のおっぱいオバケの時代は完全に終わったようですねwww

カテゴリー芸能ニュース

この記事を見た人はこちらもチェック!

コメントを残す


Pick up contents